• Home
  • /
  • 格安航空券の種類とは?

格安航空券の種類とは?

旅行会社の格安航空券とPEX

格安航空券でおとくに国内旅行に出かけたいものですが、格安航空券にも種類があるので違いをよく理解しておきましょう。まず格安航空券は、旅行会社が販売している格安航空券と航空会社が販売しているPEX(正規割引航空券)に分けられます。旅行会社が販売している格安航空券は、旅行会社が航空会社からまとめ買いしてそれをばら売りしている航空券のことです。大量に航空券を購入するために単価が下がり、顧客に安く販売できるようになっています。対して、PEXは航空会社が割引したチケットを直接顧客に販売しています。格安航空券を利用する人が増えたために、対抗策として販売を始めたチケットのようです。以前は旅行会社の格安航空券のほうが低価格でしたが、今ではPEXのほうが安いなんてこともあります。

FIX航空券とOPEN航空券の違い

ここから、さらにFIX航空券とOPEN航空券に格安航空券は分かれます。FIX航空券とは、往路と復路の便と日時が指定されているチケットになります。名前からもわかるように固定されており便や日時は動かせません。旅行先で滞在の日時を伸ばそうと思っても、復路のチケットはキャンセルできません。この場合は、航空券を新たに購入しなおす必要があります。制限があるため、購入してもらえるように価格を安くしています。一方OPEN航空券は定められた期限内なら、復路の変更が可能なチケットです。旅行のスケジュールを変えたとしても、open航空券なら復路のチケットを捨てることになりません。このほか、FIXとOPENを組み合わされたチケットも販売されており、こちらの場合は一度だけなら復路の変更ができるようになっています。