• Home
  • /
  • 格安航空券はいつ買えばいいの?

格安航空券はいつ買えばいいの?

料金の変動が起こり始める時期が狙い目

格安航空券は通常よりも安い金額でチケットが購入できるのが魅力ですが、購入するタイミング次第でさらにお得に手に入れることができるのです。
飛行機は燃料費などのコストの問題から、1回のフライトでできる限り多くの人数を搭乗させなくてはいけません。予約が少ない便は空席を埋める努力が必要となり、そこで行われるのがチケットの値下げです。
航空会社によって若干の違いはありますが、こうした金額の変動はフライトの2ヶ月前から徐々に起こり始め、最も大きく変動するのが1ヶ月前と言われています。そのため、チケットを少しでも安く購入したい人は、フライト1ヶ月前のタイミングが狙い目です。
ただし、直前になると駆け込み需要で空席が埋まり始めて金額が戻ってしまうケースもあります。欲をかき過ぎないように2週間前までに決めることが大切です。

シーズンオフのタイミングを狙う

飛行機のチケットは需要によって金額が大きく変動することから、お正月やGWなどの連休は旅行シーズンともなれば例え格安航空券と言えども価格が高くなってしまうのは否めません。そのため、レジャー以外のビジネスとして利用するケースでもシーズンオフを避けることが基本となります。
ここで注意しなくてはいけないのが予約のタイミングです。先ほど述べたチケットの料金は出発日はもちろん、予約をする時期で違いが出ることもあります。
わかりやすく説明をすると、6月に出発する場合に旅行シーズンの5月に航空券を予約するよりも6月に入ってからの方が安くなるといった物です。全ての便に当てはまるわけではないとはいえ、シーズンオフに入って値下げが始まることは珍しくありません。少しでも安く購入するためには、予約する時期を見極めることが必要になります。