• Home
  • /
  • 格安航空券のメリットデメリットとは?

格安航空券のメリットデメリットとは?

格安航空券のメリット

格安航空券の一番大きなメリットとして挙げられるのが、運賃が安いという事です。同じ路線の大手航空会社の正規運賃や割引運賃などと比べた場合にも割安であり、半額以下になるということも少なくありません。これにより経済的に余裕がない方でも旅行が楽しめるというメリットが存在します。

その他のメリットとしては、滞在に制限がないということです。往復航空券を買った場合にはどうしても滞在日数に制限があることがありますが、格安航空券の場合片道のみの利用が可能というケースが多く、その場合には長期滞在の旅行に出かける場合でも、安く行くことが出来るのです。また予約した段階でどの便に登場するかを判断出来るという大きなメリットもあります。

格安航空券のデメリットとは何か

メリットのほうが多い格安航空券ですが、デメリットも少しだけ存在します。それはまず機内での飲み物や機内食が基本的に有料であるということです。大手の場合には無料で提供されるサービスですが、コストを少しでも下げるために、格安航空会社ではこれらを有料にしています。しかしながら機内サービスは一切いらないという方も少なくありませんので、そうした方の場合にはメリットにもなり得ます。

また預け荷物にお金がかかる場合が多く、事前に預けるためのチケットを購入する必要があります。重量によってかかる金額は違いますから確認は必須となります。機内持ち込みの手荷物には料金はかかることはないですから、預け荷物がない場合にはデメリットにはなりません。