• Home
  • /
  • 格安航空チケットの制約って?

格安航空チケットの制約って?

格安航空は予約変更に注意しよう

最近の格安航空チケットは、国内線でも国際線でもとても豊富にあります。格安航空チケットはインターネットを利用すれば簡単に入手することが可能で、使い方も簡単ですがいくつか制約があるので注意が必要です。格安航空チケットを利用する際に最も注意しなければならないのが、予約変更は原則として行えないことでしょう。チケットはあくまでも利用する予定の便のみに有効なものであって、便を変更する場合はキャンセルするしかないんです。キャンセル料は高めに設定されていて、国内線では数千円に国際線となれば数万円かかることもあります。もちろんチケットの種類でも異なりますが、旅行会社でツアーを申し込んでキャンセルした場合には、20%から50%にもおよぶキャンセル料がかかってしまうので、申し込みをするときによく確認しておきましょう。

もしも乗り遅れてしまったらどうなる?

もしも格安航空チケットを購入して、乗り遅れてしまったらどうなるのでしょうか。乗り遅れやキャンセルを認めてもらえない理由には、空港への交通手段や乗り継ぎ便の遅れ、本人や家族の病気などがあります。格安航空チケットで乗り遅れてしまったら、原則的にそのチケットは無効となってしまうんです。手数料を支払うことで多少返金される場合もありますが、国内線であれば10日以内に申し出なければならないので早めに連絡をすることが大切です。基本的に格安航空チケットの販売時にはこのような制約に同意したという署名をするため、通常の乗り遅れやキャンセルでは返金されないものと考えておきましょう。格安航空チケットの購入を考えているなら、制約をきちんと把握したうえで購入するようにしてください。